会津史季彩再 塩味のきいた極上チーズクリームをはさんだブッセ菓子です。

昭和54年に第一号店の開店に合わせてできた創業菓子です。

太郎庵の包装紙などの絵を描いてくださっている横田新(よこたあらた)さんとの出会いで出来ました。
当時、最中などの甘いお菓子が主流でしたが、あまり甘すぎない、食べやすいお菓子はないかと、ほんのり甘いブッセ生地に、雪印さんの有塩バターとプロセスチーズという、シンプルでありながらも斬新なクリームをサンドした「会津の天神さま」を創製いたしました。こだわりは、ふわふわのブッセ生地です。きめの細かい生地にするために製法を工夫し、材料も厳選しています。ブッセとフレッシュバターを使ったクリームのバランスもこだわっています。

会津の北東部にある猪苗代には、天神様をおまつりする小平潟天満宮があり、会津藩祖・保科正之公が篤く信仰したと言われます。

会津では、男の子が生まれると、賢く、健やかにそだちますようにと東北最古の張子である「会津の天神様」を贈る習わしがあります。会津天神は今から400年前の蒲生時代に始まる、東北ではもっとも古い張り子です。
今は張り子を作る職人もどんどん少なくなり、風習も薄れてきてしまってはいますが、お菓子で文化を残していきたいという思いから出来上がりました。

会津史季彩再

会津ブランド推進委員会の認定基準に基づき、会津でしかできない本物にこだわった地域産品としての審査基準を満たしたものに認められた商品を示すマークです。

オンラインショップで購入