新着情報詳細

2021-02-25
予告◆第二次ぼた餅革命【第8世代の台頭】

2020年春彼岸、秋彼岸に起こった太郎庵ぼた餅革命。
2021年春、さらなる革命が起きる予感!
なんと太郎庵の1番人気【会津の天神さま】の様々なフレーバーをモチーフにしたぼた餅です。
乞うご期待!


3月中旬発売予定
会津栗モンブランスーパーぼた餅
昨年クラウドファンディング限定で会津の食の素晴らしさを受け継いでいくために開発した本商品がついに店頭に登場します!会津栗と会津有機米の素材の美味しさを徹底的に引き出した至極の逸品です。
1個 600円税込


3月中旬発売予定
オーガニック&ヘルシーぼた餅
【こんにゃく米使用】
3個入 864円税込


会津有機米

太郎庵のぼた餅には有機JAS認定の「会津こがねもち」を使っています。風味豊かで栄養価も高い有機米です。
喜多方市熱塩加納町の生産者グループ「ネットワークいのち」が作るお米を直接仕入れさせていただいています。上流よりきれいな水を引き、雑草対策で紙マルチ栽培を施すなど手間暇かけたお米です。1994年「ネットワークいのち」設立時、私たちは「農業に対する本当の豊かさや価値概念の追求」という考え方の美しさに共感いたしました。

【土の話】
化学肥料を使わない土とは、鶏フンもオーガニックなものを食べていなければいけません。使用している有機肥料は米ぬかや魚カス、魚のアラなどを堆肥化したもので有機JAS認定の肥料です。そんな自然のものが合わさった肥料だからこそ複雑で滋味深い豊かな味のお米になるのです。

【水の話】
喜多方市のさらに北の山奥の沢を源流とする澄んだ水を引いています。喜多方は会津地域の中でも水がとてもキレイで美味しいと言われます。

【天気の話】
会津は盆地なので米作りにとても適した気候です。昼暑くて夜涼しい気候は稲が蓄えるエネルギーが大きく、甘味や旨味が強いお米に育つのです。

有機米を作るには手間がかかります。雑草対策として田んぼに紙を敷き込む紙マルチ栽培を行っています。田んぼは農薬がないのでカエルや虫などがのびのび遊んでいます。